居宅介護支援事業所

  • Home
  • >
  • 居宅介護支援事業所

居宅介護支援事業所

居宅介護支援とは、介護保険サービスを利用するときにケアプランを作成する必要がありますが、そのケアプランを作成し、ご本人の自立支援をふまえ、適切かつ円滑に介護保険サービスが利用できるように調整する職種をいいます。このケアプランを作成するケアマネジャーは、介護保険制度では不可欠な存在であり、あなたの自立支援を支える上で、かけがえのない存在を目指します。

何も心配せずに私たちにご相談ください

社会福祉法人設立の居宅介護支援事業所 社会福祉法人設立の居宅介護支援事業所
聖母ホーム居宅介護支援事業所は、従来、在宅介護支援センターの一部門として事業を運営していましたが、平成13年、在宅介護支援センターが地域包括支援センターへ移行するに伴って、居宅介護支援部門は単独事業所として独立し、現在に至るという経緯があります。よって、私たちは新宿区内では数少ない非営利の居宅介護支援事業所として、また、在宅介護支援センターの公的使命を継承して、誠実に中立公平性を図ったケアプラン作成を目指しています。
社会福祉法人設立の居宅介護支援事業所
ケアマネジャーはあなたと共に歩みます
超高齢社会を迎えた私たちの社会は、もはや介護は国民的な課題です。そういう意味において介護保険は画期的な社会システムといえます。しかし、一人の要介護者を支えるためには、様々なサービスの組み合わせを必要とし、これらは高度な専門知識を必要とします。私たちケアマネジャーは、あなたと共に歩み、あなたの老後が豊かな社会生活として実を結ぶようにお手伝いします。つまり、ケアマネジャーはあなたのライフパートナーと言えるのです。
ケアマネジャーに対する費用は一切かかりません
介護保険サービスを利用するときには、ケアマネジャーとの信頼的な相談が不可欠です。ケアマネジャーがあなたの要望を聴きながらケアプランを作成し、サービスの導入を図ります。そういう意味で、ケアマネジャーはあなたと介護保険制度をつなぐ要であり、その要との相談関係に対して料金を課してしまうと、介護保険制度そのものを高齢者から遠ざけてしまいます。ケアマネジャーとの関係にあたっては、経済負担を気にすることなくいつでも相談できる仕組みが必要なのです。「ケアマネジャーとの相談には費用がかからない」。これは極めて単純ですが、低所得者の多い我が国の高齢社会には、とても意義のある仕組みといえます。

私たちは常に専門性の向上を目指しています。

聖母ホームの居宅介護支援事業所は、めまぐるしく変化する介護保険情勢を的確に把握するため、様々な情報を収集するとともに、外部研修などにも積極的に参加しています。そこで得た知識は職員間で伝達共有し、専門性豊かなケアプランが実現できるように日々研鑽しています。

サービス利用案内

名称・施設区分・所在地など

・名称:社会福祉法人聖母会 聖母ホーム指定居宅介護支援事業所
・区分:居宅介護支援事業所・生活保護法指定
・所在地:東京都新宿区中落合2-5-21
・TEL:03-3953-4028(代表)
・FAX:03-3950-4130
休業日

・土曜日・日曜日・年末年始(12/29~1/3)
利用申し込み

・ケアプランご希望の場合は、聖母ホームまでお問い合わせください。